ほんとうに映った!監死カメラ4


※商品発送は2016年6月28日(火)以降になります。
レンタル開始:2013年8月2日(金)

メメント・モリ=死を忘れるな 死を記録せよ!巷にあふれる監視カメラ。それは時には"死"を見続ける監死カメラとなる
キャスト

ナレーション:鈴木智晴

スタッフ

製作:AMGエンタテインメント
プロデューサー:浦野太/有馬顕
制作:エル・エー
ディレクター:福田陽平「ほんとにあった! 呪いのビデオ16~21」/田中佑和
監修:坂本一雪「ほんとうにあった!呪いのビデオ11~15」「怪奇!アンビリーバブル」

データ

【予定映像ファイル】
1)カラオケ
カラオケボックスの監視カメラ。若い男女のグループが騒いでいる。そして、時間が来て出る時、座っていた彼らが立ち上がりると、その後ろにもう1人今までいなかった女の子が…
2)謎の電波
ある男が投稿してきた監視カメラ映像。その映像はこの男が違法に電波をキャッチした映像だという。スタッフはその映像電波がキャッチされたという現場に行ってみると、まさしくその映像が映し出されていた。そこに映っていたのは…

我々が普段目にしている世界は、本当に真実の世界なのであろうか?
人間の脳は無意識のうち に見なくてもいい情報を都合良くコントロールし、脳内で削除しているという。しかし、機械となればそうはいかない。
気がつけば、我々の頭上には無数の監視カメラがある。その数は日本全国に400万台以上といわれている。
1日に数千万時間以上撮られる監視カメラの映像。しかしそこに映っているのは果たして我々が目にしている世界と同じものなのだろうか。
あなたの頭上の監視カメラは、時に、死の世界を見つめる眼差しとなる。
そこに写る怪奇な現象は死者の怨念や無念が形となり、我々に真実を伝えようとしているのかもしれない…。