宇宙人王さんとの遭遇


レンタル開始:2013年1月9日(水) セル発売:2013年1月9日(水)

拷 問 反 対。
「この映画は事件だ―。」無名作品がヴェネツィア国際映画祭で突然話題の中心に!世界に名だたる一流紙で論戦を勃発させた問題作。
キャスト

フランチェスカ・クティカ
エンニオ・ファンタスティキーニ「宣告」「あしたのパスタはアルデンテ」
ジュリエット・エセイ・ジョセフ
リ・ヤング
ジャーデー・ジラルディ

スタッフ

監督・脚本・制作:マネッティ兄弟(アントニオ・マネッティ&マルコ・マネッティ)
撮影:アレッサンドロ・キオド
音楽:ピヴィオ/アルド・デ・スカルツィ
編集:フェデリコ・マネッシ
視覚効果:シモーヌ・シルヴェストリ
特殊効果:ロベルト・リッチ
美術:ノエミ・マーチカ

ストーリー

中国語通訳のガイア宅に一本の電話がかかってきた。今から緊急で通訳をして欲しいというのだ。すぐさま迎えに来たイタリア秘密警察のキュルティから目隠しを強要され、国家施設の地下室らしきに案内されたガイア。しかし、机の向こう、通訳の相手はなんと脚を縛られたイカにそっくりの宇宙人だったのだ!キュルティは「目的は?何を企んでいる!なぜ中国語なんだ!」と、宇宙人を激しく攻め立てる。「私の名前は王[ワン]さんです。世界で一番多く使われている中国語を勉強してきました。たくさんのお友達を作りたいです。」と冷静に語る。執拗な取調べにも寂しげな顔をしつつ真摯に対応する王さんに同情するガイア。しかし、秘密警察は中国語で優等生発言を連発する王さんに陰謀を感じ、拷問を始める…。一方、ガイアは王さんの人権を尊重し、アムネスティに連れて行こうと画策…。果たして王さんの真意とは!?