青い体験 誘惑の少女セシル


レンタル開始:2013年12月4日(水) セル発売:2013年12月4日(水)

インモラルな少女の性愛遍歴と彼女に翻弄される男や女たちを描く禁断の映像世界―ヨーロッパ映画界で話題になったエロス絵巻がついに登場。
エロス界のパゾリーニ ローラン・ブニーク監督が挑発する現代の性典。
キャスト

デボラ・レヴィ「大統領の料理人」
エレーヌ・ジマー
ジョニー・アマーロ
ゴーワン・ディディ
クリステル・ブルノワ

スタッフ

監督/脚本:ローラン・ブニーク「ブラウン夫人のひめごと」
プロデューサー:チカ・ベナダヴァ「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語」/ルディ・ボーケン「ワールド・ウォー Z」
音楽:アーネスト・サン・ローラン
撮影:ドミニク・コラン「スパニッシュ・アパートメント」
衣装:クレール・ジェラール=イルヌ「グラディーヴァ マラケシュの裸婦」

ストーリー

父親が死に、情緒不安定になっていた20歳のセシールは、行きずりのセックスに心の慰めを求め、あらゆるタブーを犯していた。相手は男でも女でもよかった。セシルはその若さながら、天性の妖艶な雰囲気と大胆な露出で、出会った男(女)を籠絡する。しかし、彼女はそれだけで満たされることはなかった。
厳格な家庭で育てられたアリスは、マットとの出会いによって空想で描いていた恋愛感と現実のギャップに悩む。そんな時、アリスはセシルとタブーな関係に…
夫を愛しているヴィルジニーは彼の要求を満たせない事に苦しみを感じていた、自分のセックスに自信がなかった。そんな時セシルと…
世界が不安定なな中で、さまざまな女性・男性が、確かなものを、セックスに求めていた。そんな時に現れたセシルは、女たち男たちを解放する天使なのか、それとも 堕落へ導く悪魔なのか。