発売/配信中『ソング・トゥ・ソング』

2021年4月21日(水)Blu-ray & DVD発売/デジタル配信

夢が終わる。人生が始まる―。
青春を引きずった大人たちが、絶望と孤独にもがきながら人生の輝きを見出していく、破滅的でエモーショナルなラブストーリー。
映画祭を席巻し、世界を魅了し続ける天才と豪華俳優陣が集結。

Story

 アメリカで指折りの音楽の街オースティンで、それぞれに幸せを探す4人の男女の人生が交差する。何者かになりたいフリーターのフェイ(ルーニー・マーラ)。成功した大物プロデューサーのクック(マイケル・ファスベンダー)。売れないソングライターのBV(ライアン・ゴズリング)。夢を諦めたウェイトレスのロンダ(ナタリー・ポートマン)。それぞれに幸せを探す4人の男女の人生が交差する。恋愛、成功、夢、友情…。一番欲しかったものは何か?そして自分はいったい何者なのか?リアル過ぎる彼らの人生の行き着く先にあるものとは!?

Cast & Staff

ルーニー・マーラ(小林沙苗)
ライアン・ゴズリング(内田夕夜)
マイケル・ファスベンダー(花輪英司)
ナタリー・ポートマン(坂本真綾)
ケイト・ブランシェット(西村野歩子)
ホリー・ハンター(五味沙也香)
ベレニス・マルロー(五味沙也香)
ヴァル・キルマー(栗田圭)
リッキ・リー(仁胡)
イギー・ポップ(江原実)
パティ・スミス(亀中理恵子)
ジョン・ライドン(栗田圭)
フローレンス・ウェルチ
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

監督・脚本:テレンス・マリック『地獄の逃避行』『天国の日々』『シン・レッド・ライン』『名もなき生涯』
製作:ケン・カオ『沈黙 ‐サイレンス‐』『ナイスガイズ!』『女王陛下のお気に入り』『mid90s ミッドナインティーズ』
撮影:エマニュエル・ルベツキ『ゼロ・グラビティ』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『レヴェナント:蘇えりし者』

2021年4月21日(水)Blu-ray & DVD発売/デジタル配信

吹替
字幕
DMM
Google Play
吹替
字幕
吹替
字幕

公式サイト

発売/配信中『太陽の舌、波打つ熱芯』

2020年11月4日(水)DVD発売/デジタル配信

最後の日まであなたとしたい――。
最優秀作品賞・最優秀主演女優賞に輝き、世界40カ国以上で上映!
世界が終焉を迎える前夜、快楽に溺れる《男と女》を艶やかに映し出す珠玉の官能作

Story

 地球が太陽の炎に焼かれ滅びるまであと1日。エミリアとラミロの2人は最後の午後を分かち合っていた。幸せなカップルらしく、セックスにまつわる他愛もない話や情熱的な愛の営みに興じる2人には、しかし、どこか思い詰めた雰囲気が漂っていた。不意に外を覗くとむごい死を迎えた人々を目撃してしまう。悲しみに暮れる矢先、エミリアはお腹に新たな命が宿ろうとしていることに気づく。それは絶望する2人に差し込んだ唯一の光となるのか。刻一刻と迫る地球終焉の日。果たして、彼らの愛の行方とは…。

Cast & Staff

フラヴィア・アテンシオ
ラウル・メンデス
ホセ・マリア・ネグリ

監督:ホセ・ルイス・グティエレス・アリアス
脚本:フラヴィア・アテンシオ、ホセ・ルイス・グティエレス・アリアス
製作:フラヴィア・アテンシオ、カリーナ・ブランコ
撮影:シメナ・アマン
衣装:マリアナ・チャビラ

2020年11月4日(水)DVD発売/デジタル配信

発売/配信中『プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで』

2020年6月3日(水)DVD発売/デジタル配信

『きっと、星のせいじゃない。』『ハッピーエンドが書けるまで』の脚本家が贈る珠玉のラブストーリー

Story

 映画監督を目指す大学生のテリーは、映画館で駆け出しの女優キャサリンと出会い一目ぼれ。しかし、連絡先も聞けぬまま別れてしまう。時は流れ映画批評家となったテリーのもとにキャサリンが現れる。映画監督をあきらめていない彼に対し、キャサリンは素晴らしい映画のアイデアを熱く語る。2人は共同制作でシナリオを書くことになるが…。

Cast & Staff

ジェーン・レヴィ
ジェームズ・フランコ
ジュノー・テンプル
ジャック・キルマー
シャメイク・ムーア
デニス・クエイド
ブライアン・コックス
ダン・フリーデンバーグ

監督:ジェームズ・フランコ『スパイダーマン』『127時間』
脚本:ジョシュ・ブーン『きっと、星のせいじゃない。』『ハッピーエンドが書けるまで』
撮影:ペーター・ツァイトリンガー『バッド・ルーテナント』
音楽:マーク・コズレック『あの頃ペニー・レインと』
製作:ルーク・ダニエルズ『アンダー・ザ・シルバーレイク』

2020年6月3日(水)DVD発売/デジタル配信

発売/配信中『別れる前にしておくべき10のこと』

2020年4月3日(金)DVD発売/6月1日(月)デジタル配信

クリスティーナ・リッチ主演×アカデミー賞(R)スタッフよる恋愛ドラマ!

Story

 シングルマザーのアビゲイルはバーで雰囲気のあるイケメン・ベンと出逢い、一夜を共にする。ベッドの中で2人は、どうせ別れるなら恋人たちが大抵行う『別れるまでにする10の行動』をリストアップして、10個達成したらサッパリ別れよう!と、意気投合。それは、「タクシーで橋を渡るとき濃厚なキスをすること」「ベッドで日曜版の新聞を一緒に読むこと」「どなりあいの大ゲンカをすること」などなど。別れるためなのに、リストをクリアしていく度、2人の距離は逆に近づいていく…。しかし、10個目の課題「“さようなら”と言うこと」が近づいてきており…。

Cast & Staff

クリスティーナ・リッチ
ハミッシュ・リンクレイター
カティア・ウィンター
リンジー・ブロード
スコット・アツィット

監督・脚本:ガルト・ニーダーホッファー『キッズ・オールライト』
撮影:ジェームス・ヘールデゲン『アフター・アース 』
音楽:アリエル・マルクス『ゼルダ ~すべての始まり~』
編集:アルトゥロ・ソサ『くるみ割り人形と秘密の王国』

2020年4月3日(金)DVD発売/6月1日(月)デジタル配信

俺の笛を聞け


レンタル開始:2013年5月2日(水) セル発売:2013年5月2日(水)

2010年ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)&アルフレッド・バウアー賞
少年院の刑期をあと5日に控えたシルヴィウ。しかし、出奔していた母親が突然現れ、ここまで大事に育ててきた弟を連れ去ろうとする。心の中に吹き荒れる葛藤が、彼を突き動かす。
キャスト

ジョルジェ・ピステラーヌ
アーデ・コンデスク
Mihai Constantin

スタッフ

監督:フローリン・サーバン
脚本:カタリン・ミツレスク/フロリン・セルバン
撮影:マリウス・パンドゥル

ストーリー

シルヴィウの少年院の刑期は残すところあと5日。釈放を目の前に、長い間留守にしていた母親が戻ってきて弟を連れて行くと言い出した。息子のように育ててきた大切な弟を―。その上、シルヴィウは美しきソーシャルワーカーと恋に落ちてしまった。刻々と過ぎていく時間と高ぶる感情―。シルヴィウは現実から目をそむけ、思いをはせる。自由、風、道、そしてファーストキス…、想像の中でなら何だってできる。そして、彼は荒ぶるその心のままにある計画を実行に移す。

フィッシュ・タンク


レンタル開始:2013年3月6日(水) セル発売:2013年3月6日(水)

ミア、15歳。母親の新しい恋人の出現で、ミアの人生はひっくり返る!?
2009カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞他18の受賞 22のノミネートの傑作
キャスト

ケイティ・ジャーヴィス 
マイケル・ファスベンダー『プロメテウス』
カーストン・ウェアリング『4 FOUR』
ハリー・トレッダウェイ『エンバー 失われた光の物語』

スタッフ

監督・脚本:アンドレア・アーノルド
製作総指揮:クリスティーン・ランガン『少年は残酷な弓を射る』
製作:キース・カサンダー『レンブラントの夜警』/ニック・ロウズ『ナイロビの蜂』
撮影:ロビー・ライアン『WASP』
衣装:ジェーン・ペトリ『28週後…』

ストーリー

学校からは追放され、友達からは仲間外れにされてしまった気まぐれな15歳の少女・ミア(ケイティ・ジャーヴィス)。ある暑い夏の夜のこと、母親(キルストン・ウェアリング)が見知らぬ男を家に連れて帰ってくる。コナー(マイケル・ファスベンダー)と名乗るその男は、彼女たちの人生を新しく愛に満ちたものに変えてあげようと約束する―。
ミアを取り巻く環境は劣悪だ。労働者階級のアパートに住み、粗暴な隣人たち、昼間から酒を飲む母親と口汚く罵ることを早くも覚えた妹。彼女自身もやり場のないフラストレーションから、常に周囲とトラブルばかりを起こしている。ダンスだけが彼女が自分を表現できる手段だ。ある日、ミアは、台所で上半身裸でうろつき回る母親の友人のコナーと出会う。コナーはミアたちの生意気さを意に介する風もなく、自然と一家に入り込んでくる。初めて自分をまともに扱ってくれる大人の男にミアは引かれてゆく。一方、彼女は「女性ダンサー募集」の広告を見つけ、コナーの応援もあり、挑戦しようと思いつく。

ミヒャエル


レンタル開始:2013年5月2日(水) セル発売:2013年5月2日(水)

2011年カンヌ国際映画祭コンペティション選出&2011年東京国際映画祭上映作品
35歳の男ミヒャエルは10歳の少年を誘拐し、彼の自宅に軟禁する。彼と少年の間に芽生える奇妙でゆがんだ関係を描く共同生活の最後の5ヶ月間。
キャスト

ミヒャエル・フイト
ダヴィド・ラウヘンベルガー
ウーズラ・シュトラウス
クリスティーネ・カイン

スタッフ

監督:マルクス・シュラインツァー
脚本:マルクス・シュラインツァー
撮影:ゲラルト・ケルクレッツ
音楽:クラウス・ケラーマン

ストーリー

35歳の独身男ミヒャエルは、ろくに友達もおらず、家で地味な暮らしを送っている孤独な男。勤めている保険会社の知り合いといえば、最近、家が近所だとわかったクリスタぐらいだ。しかし、彼には誰にも想像のできない秘密があった。それは彼が家の一室に10歳の少年ウォルフガングを軟禁していることである。夕食の時のみ、彼は少年を暗い部屋から出すと、数時間を一緒に過ごし、そして、また次の晩まで部屋に監禁するのだ。二人はほとんど言葉を交わすこともなく、儀式のような日常が続く。しかし、ある日突然、ミヒャエルが交通事故に遭い、病院に入院させられるという事件が起こる。ようやく家に戻ってきたミヒャエルが少年を部屋から解放するが、二人の関係は次第に緊張と共感が合い混ざったものへと変質してゆく。

気狂いピエロの決闘


レンタル開始:2013年3月6日(水) セル発売:2013年3月6日(水)

カルト的人気を誇るスペインのアレックス・デ・ラ・イグレシア監督が、ピエロ同士の狂気に満ちた戦いを描いた異色作!
ヴェネツィア国際映画祭銀獅賞(監督賞) オゼッラ(脚本賞)受賞作他 8勝&19部門にノミネート
キャスト

カルロス・アレセス「最終爆笑計画」
アントニオ・デ・ラ・トレ「チェ 39歳 別れの手紙」
カロリーナ・バング
サンチョ・グラシア「マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾」

スタッフ

監督・脚本:アレックス・デ・ラ・イグレシア「みんなのしあわせ」「どつかれてアンダルシア(仮)」
制作:ヴェラーヌ・フレディアニ「淫獣」/ヘラルド・エレーロ「瞳の奥の秘密」
撮影:キコ・デ・ラ・リカ「オックスフォード連続殺人事件」
音楽:ロケ・バニョス「セックス依存症の私」

ストーリー

「泣き虫ピエロ」としてサーカス団で働き始めたハビエルだったが、人気道化師で「怒りのピエロ」役をしているセルジオが、妻のナタリアを殴っている現場を目撃。ナタリアを助けたハビエルは、セルジオと争うようになり、やがて2人の戦いは常軌を逸した市街戦へと発展していく。
檻に入れられた猿が暴れまわる中、外では人と人とが殺し合う狂気のサーカスが繰り広げられていた。―スペイン内戦。無理やり共和国側に参加させられた”がらくたピエロ”は、ナタを振り回し国民軍を次々と残虐に殺していった。ピエロの衣装のまま…
長い月日が過ぎ、時はフランコ総統時代。”がらくたのピエロ”の息子ハビエルはサーカス団で”泣き虫ピエロ”として働き始める。そこでハビエルは個性的なキャラクターの風変わりな面々と出会う。人間砲台男、象の調教師、ケンカ好きなドッグトレーナーたち。そしてここで、ハビエルは`怒りのピエロ’ セルジオと初めて出会うのだった。顔が醜くゆがんだ2人のピエロ、ハビエルとセルジオ。サーカス団で最も美しく残酷な美女ナタリアをめぐり、怒りと絶望、渇望に煽られた彼らの命がけの戦いが始まる―

楽園 -流されて-

ずぶ濡れの島。ぎりぎりの生。
女は楽園を作りたいと思った。男は楽園に行きたいと願った。“生”と“性”を独自の視点で描いた衝撃作!極限状態に追い込まれた男女が選択した愛の形…。ベルリン・アジアパシフィック映画祭ほか海外国際映画祭にて3つのグランプリを受賞した、『心中エレジー』の亀井亨監督最新作!
キャスト

街田しおん
榊英雄
小林且弥
不二子
佐藤貢三
野村貴志
鈴木一功
ベンガル

スタッフ

製作/永森裕二 松井建始 野口周三
脚本/永森裕二 亀井亨
プロデューサー/尾西要一郎
撮影/中尾正人
録音/小宮元
照明/田宮健彦
音楽/奈良敏博
美術/谷内邦恵
衣装/杉本京加
ヘアメイク/森崎須磨子
スチール/西久保維宏
キャスティング/斎藤芳子
助監督/野尻克己
制作担当/高橋浩一郎
監督/亀井亨
制作協力/ブロッコリ

ストーリー

九州地方のとある小さな漁港。参議員候補・多々野恵利香(街田しおん)の一行を乗せた選挙カーがゆっくりと進んでいく。恵利香は元県知事の娘にして知名度抜群の美人局アナ。当選確実の彼女に誰もが従うしかなかった。恵利香は、父親の同級生である青梅忠(ベンガル)とその息子・洋平(榊英雄)たちの船に乗って、島を巡り、遊説することになる。しかし恵利香の傲慢さに腹を立てた初老の男(鈴木一功)がいきなりホースの水を放ち、一行を水浸しにする。激怒した恵利香はどうしても本土に戻ると主張。スタッフはスケジュールをこなすため仕方なく再び船で先に出かけてしまう。
洋平とともに取り残された恵利香は、待たされていることへのイライラが募り、勝手に港に繋いであるボートに乗り込んでしまう。慌てて彼女の後を追い、ボートに乗り込む洋平。しかし、船のガソリンが大海原の中、途中で尽きてしまう。恵利香がヒステリックに叫ぶ。それからどれだけ時間が経ったのだろうか。船は流され、やがて小さな島に流れ着く。 いま、楽園の扉が静かに開かれた……。

イル・ディーヴォ‐魔王と呼ばれた男‐


レンタル開始:2013年3月6日(水) セル発売:2013年3月6日(水)

魔王と呼ばれたイタリア首相アンドレオッティ。彼は権力に君臨し、多くの犯罪や汚職に手を染めながら、決して裁かれることはない。
2008年カンヌ国際映画祭審査員賞他各国映画祭で18勝&22部門ノミネート
キャスト

トニ・セルヴィッロ「ゴモラ」(カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作)
フラヴィオ・ブッチ「戦慄の黙示録」
アルド・ラッリ 
カルロ・ブチロッソ

スタッフ

監督・脚本:パオロ・ソレンティーノ「きっと、ここが帰る場所」
製作:ニコラ・ジュリアーノ/フランチェスカ・シーマ/アンドレア・オキピンティ「きっと ここが帰る場所」
撮影:ルカ・ビガッツィ「トスカーナの贋作」 
音楽:テオ・テアルド「至宝」 

ストーリー

ローマの夜明け、皆が眠る頃、眠らない一人の男がいる。その男は、ジュリオ・アンドレオッティ。平静で陰険、謎めいたアンドレオッティは、40年来のイタリアの権力者。90年代初頭、尊大でもないが慎ましさもなく、たじろぐことなく陰では他人を非難をし、曖昧でありながらも自信ありげな彼は、7期目の内閣総理大臣として不断に前進している。
彼の満足は、辛口で繊細。彼の満足は権力。権力と彼とは共存関係にある。彼が好きなのは、確固として永遠に不変な権力。それを使うことで、何年も前から、選挙戦やテロによる無差別殺人、名誉毀損罪の告発などのすべてから、痕跡を残さずに抜け出しているのだ。この国で最も強大な反権力であるマフィアが、彼への宣戦布告を決心するまでは。その時、事態は変わり、それは恐らくアンドレオッティにとっても影響を及ぼす。しかし、変わったのは本質なのか、それともうわべだけのことなのか?ひとつだけ確かなことがある。アンドレオッティという、ほかの誰よりも世間での在り方を知る男を傷つけるのは簡単ではない、ということだ。