2020.3.6『劇場版 おいしい給食 Final Battle』

Trailer

Introduction

80年代。ある中学校で、給食マニアの教師と生徒が、静かな「闘い」を続けていた――。それは、どちらが給食を「おいしく食べるか」。今世紀最大の“給食・バトルロワイアル”が今、開幕する――!

 あなたは毎日、どんなランチを取ってますか?そのランチは、充実していますか?あなたもあなたの親もおそらくあなたの子供も、青春の一定期間がっぷりよつでまみえる「食」。それが給食。一年約200食。小学6年1200食。1200回の会食。あなたの体の基礎をつくった最初の食事は、家庭の御飯と給食でした――。
 『おいしい給食』は、給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウによる、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描く学園グルメコメディ。1980年代のある中学校を舞台に、甘利田と彼を取り巻く子供たち、大人たちのさまざまな人生模様が食欲をそそる給食バトルと共に紡がれていく。劇中では鯨の竜田揚げ、ミルメーク、ソフトめんなど懐かしの給食が登場し、ノスタルジックな雰囲気に心温まる。
 主人公の甘利田幸男は給食に愛がある故にそれを愛せない奴を許せない「給食絶対主義者」。ストイックな役どころを多くこなし、シリアスなイメージの強い市原隼人が、自身初めて「食ものコメディ」にチャレンジ。全く新しいグルメの表現に成功した!一方、新米教師・御園ひとみを演じるのは、数々の映画やドラマに出演するだけでなく、「non-no」の専属モデルなど幅広く活躍する武田玲奈。さらに、給食マニア甘利田に挑戦状を叩きつけた男子生徒・神野ゴウ役には舞台・ドラマと活躍の場を広げ、「スタメンKiDS」のメンバーとしても活動する佐藤大志。そのほか、神野に思いを寄せる藤井マコ役には、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」「あまちゃん」「梅ちゃん先生」、大河ドラマ「八重の桜」など引っ張りだこの天才子役、豊嶋花。甘利田の同僚・鷲頭星太郎役には、BOYS AND MENの辻本達規。世話好きの給食のおばさん・牧野文枝役にいとうまい子。校長・渡田寛治役に『検察側の罪人』で鮮烈な印象を残した酒向芳。そして、劇場版には新キャストも加わった。甘利田の教育方針に異を唱える佐野正輝役に、BOYS AND MENの水野勝。「給食廃止」を進める教育委員会の鏑木役に、「3年B組金八先生」の桜中学校に通う不良生徒・加藤優役を演じた直江喜一。国語教師の磐田役にドロンズ石本。個性豊かな俳優たちがドラマを盛り上げる!

Story

 1984年。給食マニアの教師・甘利田幸男(市原隼人)に衝撃が。なんと、学校から給食が無くなるというのだ!!「どちらがよりおいしく給食を食べるか」という超絶給食バトルを甘利田と繰り広げている生徒の神野ゴウ(佐藤大志)は、【給食改革】を目指し、生徒会選挙に出馬すると高らかに宣言。そんな2人を見守る新人教師の御園ひとみ(武田玲奈)の心労は果てしない…。給食一筋ウン十年。甘利田は愛する給食を守るため、史上最大の給食バトルに打ってでる!

Cast & Staff

市原隼人(甘利田幸男)
武田玲奈(御園ひとみ)
佐藤大志(神野ゴウ)
豊嶋花(藤井マコ)
辻本達規(鷲頭星太郎)
水野勝(佐野正輝)
直江喜一(鏑木)
ドロンズ石本(磐田)
いとうまい子(牧野文枝)
酒向芳(渡田寛治)

監督:綾部真弥
脚本:永森裕二、綾部真弥
プロデューサー:岩淵規
撮影:小島悠介
照明:大庭敦基
録音:井家眞紀夫
美術:伊藤悟
フードスタイリスト:松井あやこ
主題歌 :『君の花』/作詞•作曲:こんどうたかふみ/歌:松本大輝(AMG MUSIC)

デジタル配信中

▼Amazonプライムビデオ
▼Paravi
▼TSUTAYA TV
▼Google Play
▼RakutenTV
▼アクトビラ
▼クランクイン!ビデオ
▼U-NEXT
▼DMM.com
▼ビデオマーケット
▼GYAO!ストア
▼ひかりTV
▼ビデックスJP
▼YouTube
▼dTV

▼オフィシャルグッズ販売中

▼パンフ+クリアファイルセット販売中

▼公式サイト

2020.3.6『星屑の町』

Trailer

Introduction

25年愛され続けた人気舞台が遂に映画化!懐かしい昭和歌謡の名曲にのせて♪売れないコーラスグループと歌手を夢見るヒロインが出会ってしまって大ブレイク!?見たことのない最高のステージが幕を開ける!

 劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が、「笑ってホロリとする作品」を作ることを目指し結成したユニット「星屑の会」によって1994年に第1作「星屑の町・山田修とハローナイツ物語」を上演。その後25年に亘って愛され続けた舞台「星屑の町」シリーズ(全7作)が、ハローナイツのメンバー変わらず、ヒロインにのんを迎えて遂に映画化!
 「恋の季節」「宗右衛門町ブルース」「ほんきかしら」「新宿の女」「中の島ブルース」など、聴けば誰もが耳にしたことのある昭和歌謡が続々と登場!!歌から生きる元気・勇気をもらった昭和という時代。その時代を彩った名曲が、令和に蘇る。さらに、「山田修とハローナイツ」として96年に発売した「MISS YOU」、オリジナル楽曲「シャボン玉」にも注目。新しい時代を迎えても、いつだって歌で元気をもらう♬
 25年間を共にした仲間として息ぴったりのハローナイツのキャスト陣 。円熟味溢れる演技と阿吽の掛け合いが妙なリアリティを生み出し、たっぷりの笑いと、時には涙を誘いだす。さらに、本作のキーパーソンともいえるのが、6年ぶりの実写劇場映画出演となるヒロイン・のん。『マイ・フェア・レディ』のイライザの如く、田舎娘がやがて大輪の花を咲かせるまでの変身を見事に演じ、吹替えナシの透き通る歌声で、妖艶さと軽快さを見事に歌い分ける。60年代を意識した衣装の七変化も見逃せない。長年培われた熟練の芝居に、のんの透明感あふれる演技が加わることで、意外性がありつつも、またとない最高のメンバーで、観る人すべてを魅了する
 鳴かず飛ばずの売れないおじさんコーラスグルーブが、歌手を夢見るヒロインと出会うことで人生が大きく変わり、新たな人生を歩むことになる。そして、成功の中で気づかされる“大切なこととは?”終わった後、誰もが名曲を口ずさみたくなる、笑って、ホロリとする温かい映画が誕生しました。

Story

 「山田修とハローナイツ」。大手レコード会社の社員だった山田修(小宮孝泰)をリーダーに、歌好きの飲み仲間、市村敏樹(ラサール石井)と込山晃(渡辺哲)、青木五郎(有薗芳記)をコーラスに、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾(大平サブロー)をボーカルに迎えてスタート。途中から参加した西一夫(でんでん)は、ハローナイツの借金を肩代わりするのを条件に、博多の焼き鳥屋と4人の子どもを女房にまかせてメンバーになった。それぞれの事情を抱えながらグループを続けてきたものの、これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城(戸田恵子)と地方を回りながら、何とか細々と活動を続けている。
そんなある日、東北の田舎町でメンバーが出会ったのは、東京から出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛(のん)。 突然、ハローナイツに入りたいと直訴して、大騒動に発展、すったもんだの末に、愛はハローナイツに加入することとなり、状況が一変!たちまち人気者となりスポットライトを浴びることになる。 思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが―。

Cast & Staff

大平サブロー(天野真吾)
ラサール石井(市村敏樹)
小宮孝泰(山田修)
渡辺哲(込山晃)
でんでん(西一夫)
有薗芳記(青木五郎)
のん(久間部愛)
菅原大吉(山田英二)
戸田恵子(キティ岩城
小日向星一(山田啓太)
相築あきこ(久間部浩美)
柄本明(久間部六造)

監督:杉山泰一
脚本:水谷龍二

公開中

▼公式サイト