2020.7.31『海辺の映画館―キネマの玉手箱』

Trailer

Introduction

映画は未来を変えられる――!!大林宣彦監督が新しい世代へ託すメッセージ。エネルギッシュなパワーが爆発する、誰も体験したことがないエンタテインメントが誕生!

 大林宣彦監督が、20年振りに「尾道」へ還ってきた。尾道にある海辺の映画館を舞台にした最新作は、まさに“キネマの玉手箱”!物語は、戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開していく――メインキャストとして、銀幕の世界へタイムリープする3人の若い男を、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦が演じ、3人の男たちそれぞれの運命のヒロインを本作が映画初出演となる吉田玲、大林組初参加の成海璃子、前作に続く出演となる山崎紘菜が演じている。また、本作の物語の核となる移動劇団「桜隊」の看板女優を、近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。生のエネルギーにあふれた、誰も体験したことがないエンタテインメントが、幕を開ける!
 豪華出演者の奇跡のコラボレーションにも注目!メインキャストのほか、小林稔侍、高橋幸宏、白石加代子、尾美としのり、武田鉄矢、南原清隆、片岡鶴太郎、柄本時生、村田雄浩、稲垣吾郎、蛭子能収、浅野忠信、伊藤歩、品川徹、入江若葉、渡辺裕之、手塚眞、犬童一心、根岸季衣、中江有里、笹野高史、本郷壮二郎、川上麻衣子、満島真之介、大森嘉之、渡辺えり、窪塚俊介、長塚圭史、寺島咲、犬塚弘など、大林組常連から、初出演のキャストまで、大林監督の“映画への情熱“と“平和への想い”を受け止め、さまざまな分野からキャストとして参加。さらに、本作のポスタービジュアルは、日本を代表するアートディレクターの森本千絵が手がけている

Story

 尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が、閉館を迎えた。嵐の夜となった最終日のプログラムは、「日本の戦争映画大特集」のオールナイト上映。上映がはじまると、映画を観ていた青年の毬男(厚木)、鳳介(細山田)、茂(細田)は、突然劇場を襲った稲妻の閃光に包まれ、スクリーンの世界にタイムリープする。江戸時代から、乱世の幕末、戊辰戦争、日中戦争、太平洋戦争の沖縄……3人は、次第に自分たちが上映中の「戦争映画」の世界を旅していることに気づく。そして戦争の歴史の変遷に伴って、映画の技術もまた白黒サイレント、トーキーから総天然色へと進化し移り変わる。3人は、映画の中で出会った、希子(吉田)、一美(成海)、和子(山崎)ら無垢なヒロインたちが、戦争の犠牲となっていく姿を目の当たりにしていく。3人にとって映画は「虚構(嘘)の世界」だが、彼女たちにとっては「現実(真)の世界」。彼らにも「戦争」が、リアルなものとして迫ってくる。
 そして、舞台は原爆投下前夜の広島へ――。そこで出会ったのは看板女優の園井惠子(常盤)が率いる移動劇団「桜隊」だった。3人の青年は、「桜隊」を救うため運命を変えようと奔走するのだが……!?

Cast & Staff

厚木拓郎(馬場毬男)
細山田隆人(鳥鳳介)
細田善彦(団茂)
吉田玲(希子)
成海璃子(斉藤一美)
山崎紘菜(芳山和子)
常盤貴子(橘百合子)
小林稔侍
高橋幸宏
白石加代子
尾美としのり
武田鉄矢
南原清隆
片岡鶴太郎
柄本時生
村田雄浩
稲垣吾郎
蛭子能収
浅野忠信
伊藤歩
品川徹
入江若葉
渡辺裕之
手塚眞
犬童一心
根岸季衣
中江有里
笹野高史
本郷壮二郎
川上麻衣子
満島真之介
大森嘉之
渡辺えり
窪塚俊介
長塚圭史
寺島咲
犬塚弘
有坂来瞳
大場泰正

監督:大林宣彦
脚本:大林宣彦、内藤忠司、小中和哉

DVD発売/デジタル配信中

▼公式サイト

2020.6.12『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』

Trailer

Introduction

ホラー界最恐タッグが仕掛ける、
究極の恐怖体験

 多種多様な仕掛けや、どこからともなく響く悲鳴にビックリ&ドッキリさせられ、また楽しませてくれるアトラクション、お化け屋敷。しかし、このお化け屋敷は“楽しい!”などとはしゃいではいられない。そこにはお化けはいないが、恐るべき殺人鬼たちが潜んでいた!そう、ここは一度足を踏み入れたなら、二度と生きては出られない惨劇の館。『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』が描くのは、迷宮のようなその中に足を踏み入れてしまった者たちの絶望のスパイラルだ。
 恐怖の仕掛け人は、『キャビン・フィーバー』や『ホステル』『グリーン・インフェルノ』などのガチ恐ホラーに加え、『デス・ウィッシュ』や『ルイスと不思議の時計』などのヒット作を世に放った鬼才イーライ・ロス。監督としての活躍はもちろん、役者として盟友タランティーノと組んだ『イングロリアス・バスターズ』などで怪演を披露し、プロデューサーとしてもホラーの若い才能の台頭を積極的に後押ししている。
 そんなロスのプロデュースの下、監督を務めたのは『クワイエット・プレイス』で”音を立てたら即死”という衝撃設定を生み出して絶賛された気鋭の脚本家コンビ、スコット・ベックとブライアン・ウッズ。『パラノーマル・アクティビティ』シリーズの製作陣と組んだ『ナイトライト-死霊灯-』で脚本とともに、すでに商業用映画の監督を務めていた彼らが、『クワイエット・プレイス』と同時に脚本執筆を進め、深化した演出の手腕を発揮しているのだから注目しないわけにはいかない。ジョン・カーペンターやトビー・フーパーといったホラー界のマエストロにリスペクトを表明しつつ、1970~80年代の全盛期のスラッシャームービーへのオマージュを投影しながら、お化け屋敷という舞台装置を21世紀のホラーとして見事に機能させた。ホラー界の最重要人物たちのコラボレーションが開花した作品としても必見である。正体不明の殺人鬼たちが作った、このアトラクションは悲鳴も絶叫も飲み込んでしまう。そんな緊迫感を体感させる『ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』。

Story

 米イリノイ州に住む大学生ハーパーは、ルームメイトに誘われるままパーティに繰り出す。せっかくのハロウィンの夜、お化け屋敷に行ってみよう――6人の大学生たちは町外れの街道沿いに建つ“究極のお化け屋敷”という名のアトラクションへ。同意書にサインし、ルールに従って携帯電話を入り口に預け、ドキドキしながら中へと入っていく。最初のうちは肝試し気分だったが、ひとりが腕を負傷したことで状況は一変。出口は見つからず、そればかりか惨殺死体が転がり始めた。そう、この館はマスクを付けた殺人鬼たちが殺しのためにつくった真のホラーハウスだった――

Cast & Staff

ケイティ・スティーブンス(ハーパー)
ウィル・ブリテン(ネイサン)
ローリン・マクレーン(ベイリー)
アンドリュー・コールドウェル(エヴァン)
シャジ・ラジャ(アンジェラ)
スカイラー・ヘルフォード(マロリー)

監督・脚本:スコット・ベック、ブライアン・ウッズ
制作:イーライ・ロス

DVD発売/デジタル配信中

▼公式サイト